2014年8月15日

イケダム in ゼルダ無双

イケダム in ゼルダ無双イケダムです。

ゼルダ無双 を買いました。
WiiU でゼルダで無双なゲームです。
無双というのは、敵がいっぱい出てくるのをボタン連打するとバンバン倒してくれるという単純明快なアクションゲームです。

宝箱型小物入れにミニダムがいたく興味を惹かれて限定版の「ゼルダ無双 TREASURE BOX」を買いました。
ゲームソフトなのでいつもは封筒に入るようなサイズなのに、いつもと違ってなんかデカイ荷物が届いてビビりました。
そういうわけで限定版として、ミニダムイチオシの宝箱型小物入れの他に、トライフォース型置き時計、ハイラルの紋章の入ったマフラー、設定資料集がついていました。
あとゲーム内でコスチュームが変わるダウンロードコードもついています。


ゼルダ無双のイチオシ機能はなんといっても、TV 画面とゲームパッド画面の二画面を使った二人プレイです。
というかミニダムがその機能をいたく気に入ったようです。
というか徹夜で付き合わされています。
ボスケテ。

2014年8月 9日

イケダム in FabCafe

イケダム in FabCafeイケダムです。

今日は FabCafe にやってきました。

FabCafe は喫茶店なのですが、お店の中に 3D プリンターやレーザーカッターなど、デジタルデータを使ってモノを作る (Fab る)ための機械がおいてあってレンタルすることができます。
例えば家で 3D オブジェクトのデータを作って持ってきて、3D プリンタをレンタルしてフィギュアを作る、なんてことができます。

本当はサイトで使いたい機械を予約してから来るとよいのですが、サイトだとイマイチサービス内容が分からなかったので、様子見で予約なしできてみました。
予約なしでも、空いている機会があればその場でレンタルできるようです。

イケダム in FabCafe (看板)ちなみに場所は渋谷のはずれのほうです。
距離自体はさほど遠くないのですが、ちょっとした坂があるのがネックです。

平日だったのですがそこそこ混んでいました。
けれどもそんなに機械を使ってる様子はなかったので、みんな本当にカフェとして使っているのかもしれません。謎です。

予約システムは、機械の予約というよりも同伴してもらうスタッフの予約のようです。
機械は複数あるのですが、スタッフの数の都合で全部の機械がフル稼働することはない様子です。

イケダム in FabCafe (Sense)ということで、今日は Sense という 3D スキャナーを借りました。
写真右下で持っている、非常用懐中電灯みたいなのが Sense です。
これをスキャンするものに向けながら周りをぐるっとまわると、スキャンしたものの 3D オブジェクトデータが出来上がって、3D プリンタで印刷したりできます。
これを使ってイケダム&ミニダムフィギュアを大量生産するのです!
ちなみに価格は 5 万円で販売されています。安価でレンタルできるのは助かりますね。

で、この Sense なのですが、どうやら人とかのサイズのものをスキャンするのが基本らしく、20 cm 程度の イケダム・ミニダム のスキャンにはとても向いていないようです。
スキャンするものから約 40cm 離す必要があり、その時点で既にイケダム・ミニダムの身長よりも離れている必要があります。
Sense を向けながら周りをぐるっと回るのですが、少し動かすたびに誤差が出るらしく、最終的にはイケダムの真後ろに居るはずなのにスキャン状況の画面ではイケダムの横顔が映ったりしていました。

イケダム in FabCafe (イケダム)そしてできあがったデータがこちら。
周りを回るたびに誤差が出て、手が再度新しく付け足されるので大量に手が生えています。
ちょっとしたグロ画像です。

イケダム in FabCafe (ミニダム)もう一つスキャンしてみたミニダム。
周りを回るために歩いた時のブレで、二重写しになっています。
脱皮しているようにも見えます。

というわけで、FabCafe のおかげで、残念ながら Sense で 3D スキャンするのは無理という、大変貴重な知見を得ることが出来ました。
3D モデリングツールを勉強して作ったほうが早そうですね。

FabCafe はこの他にも、レーザカッターを使ってアクリル板をカットしたり、革に刻印したり…ということもできるようなので、今後の製品開発の試作には便利に使えそうです。
渋谷がちょっと遠いのが難点。

2014年7月27日

イケダム in 杏仁酥

イケダム in 杏仁酥イケダムです。

中華街に行くとミニダムが必ず杏仁酥 (アーモンドクッキー) を買ってきます。
ライフワークなんです。

今回はあかいくつ号デザインのパッケージのを買ってきました。
Pasmo、Suica 対応と書いてあって時代にキャッチアップしてる感があります。

本当はミニダムは歯が折れんばかりの硬さの杏仁酥が好きなのですが、気がついたらどこで売っているのか忘れてしまって手に入らなくなってしまいました。
この杏仁酥はもっとサックリやわらか歯ごたえで、ミニダム的には確かに美味しいけれどもいまいち腑に落ちないものがあるようです。

ちなみに、杏仁酥の記事なんだからクッキーそのものの記事を取るべきなのです本当は。
ただ、7枚入りで、昨日ぼくとミニダムが2枚ずつ食べたので3枚残っているはずなのに、なぜか今日になったらなくなっていました。
ミステリーです。おそらく、異人さんに連れられていったのでしょう。

2014年7月 9日

ミニダム in 花束

ミニダム in 花束イケダムです。

ミニダムが頑張ったので花束をいただきました。
ありがとうございます。

花瓶がないのでぼくはいつまでこれを支えていればいいのかしら。

2014年7月 6日

イケダム in ゆたぽん

イケダム in ゆたぽんイケダムです。

ゆたぽんです。

要するに電子レンジでチンして使える湯たんぽで、プラスチックバッグの中に何やら不思議な液体が密閉されているつくりになっています。
冷え性のミニダムの必需品として、長らく使い続けられ見る影もなくボロボロになっています。
これバッグがやぶれたりしたら謎の液体が流れ出てくるのでしょうか。
相当丈夫に作ってあるようなので、そうそう破れそうな感じはないのですが、ここまで使い込まれるとやや不安になるくらい使い込まれています。

そんな感じでだいぶぼろぼろになったことと、ゆたぽんの発売元の白元社が民事再生手続をしたとわかって、もしかしてそのうち販売終了してしまうのか!ということであわてて買うことにしました。
最近ぼくもクーラーで冷えると肩が痛くなったり、目が疲れて頭痛が出るようになったので、合わせて肩用と目用のゆたぽんも買いました。
夢と魔法の国ではないので32歳無職独身の設定がいかんなく発揮されますね。

女性ターゲットの商品らしく、カバーが明るいオレンジだったりピンク色だったりするのがネックです。
まあぼく自体基本カラーがピンクなので特に気にしないのですが。

最近のコメント

らや on イケダム in 撮影ボックス: 4年ぶりに 係長@e
イケダム on イケダム in 桃: すいません、いまやっ
ら on イケダム in 桃: フレンドコードは変更
イケダム on イケダム in 桃: フレンドコードって誰
ら on イケダム in 桃: マイクラするべ! と
イケダム on イケダム in 桃: ついにご自分用のスイ
ら on イケダム in 桃: 実家から届く桃は8月
イケダム on イケダム in 木下大サーカス: ニンテンドースイッチ
ら on イケダム in 木下大サーカス: ここまでswitch
チョビ on イケダム in ドルチェブッフェ: 久しぶりに訪問しまし

アーカイブ